薬剤師になるには

薬剤師になるには?|勉強して薬剤師になろうよ

薬剤師になるには

薬剤師になるにはどうすれば良いか。

 

一言で説明すると以下の2つを達成してください。

 

1.「大学」で6年間の薬学の正規の過程を修めて卒業する。
2.「薬剤師国家試験」に合格する。

 

大学と国家試験。
なんともスタンダートで高いハードルなのでしょうね。

 

吉報といえば国家試験の合格率が80%程度あるということですか。
したがってつまり、大学での勉強はとても素晴らしい内容になっており、
大学の課程を完璧にこなせば国家試験の攻略は成ったようなものと、
考えると良いのかもしれません。

 

つまり、薬剤師になるために、今注力すべきは薬学部に進学することに
尽きると。

 

というわけなので、薬剤師を目指して全てを忘れて勉強がんばってください!

 

 

え?そんなのわかってる?資格持ってるだけじゃ薬剤師じゃないだろ?
就職難の昨今、その先が気になって夜も眠れない?

 

薬剤師さんの就職先といえば、調剤薬局や、製薬会社、ドラッグストアなどなど。
就職率がいかほどか?数字ってわかり易くてとても気になりますもんね。

 

でも、私はこう思うのです。

 

どの職業でも就職できる人はするし、できない人はできない。

 

じゃあ就職できる人とはどのような人か。
就職といえば、筆記試験も有名ですが、これは勉強の賜物。
資格を取るために真剣に学問に取り組んでいれば、結果は自然とついてくるもの。

 

資格は皆持っていて、横一線。
どこで差がつくか。
そうです!
面接。自己アピールの場ですね。

 

薬学は2006年より6年制になりました。
他の学部の人はもう2年も先に就職して、
社会人として生業をたてているのに、と焦ってしまうかもしれませんね。

 

薬を飲むことを嫌がってる人はたくさんいます。
健康のためにと言っても、副作用があるし・・。
風邪なんて生姜で治すほうが体に良いよ。
なんで薬なんて飲ますの?

 

はい。
今、あなたの胸の中に答えはあるでしょうか?
面接のために答えを用意するのでなく、今のうちに
あなたの心の中の声に耳を傾けてみては如何ですか?

 

本当に好きなら、どんなに辛い試練も乗り越えられるものです。
会社だって、本気の人に仕事をしてもらいたいと思っています。

 

薬剤師になるにはどうすれば良いか?
薬剤師になりたい、薬にかかわる仕事がしたいという強い思い。
自分がそんな思いに満ち溢れていることに気が付くこと。

 

つまるところ、それが一番大切なのではないでしょうか?
後は、気持ちに任せて躍動的に!
YOU CAN FLY!!

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ